道新文化センター
道新文化センターブログ 道新文化センターフェイスブック


おすすめ特別講座

そこに道があるのは当たり前じゃないんだ

北海道を支えた土木インフラ事業の150年〈道、港、川そして農地〉 全4回

そこに道があることも、田んぼに水が満ちおいしいお米が育つことも、いつでも豊富に水が飲めることも“当たり前”と思う私たちですが、その当たり前には歴史があり、人々の努力と英知の結晶でもあります。道、港、治水、土地改良などの社会基盤を切り口に北海道の150年を考えます。大学や研究機関などで実践的研究をし、また第一線でインフラ事業に携わってきたプロフェッショナルからお話をうかがいます。
[協 力]国土交通省北海道開発局

○曜日・時間/土曜 13:00~15:00(全4回)6/9・6/30・7/28・8/25

○受講料金/各2,160円

 

カリキュラム

講座カリキュラム(予定)はこちらからダウンロードできます。(PDFファイル)


河川氾濫とダム・治水

  • 受講料金 2,160円
  • 講師/鈴木 英一
  • 伊藤組土建(株)副社長
    河川防災エキスパート
    博士(工学)
    技術士(建設部門・総合技術監理部門)
    特別上級技術者(土木学会総合)
    公共工事品質確保技術者(Ⅰ)(全日本建設技術協会)

    【第1回目は終了しました。】

    住居、道路、線路、耕地、農水物そして生命さえも押し流す大洪水。開拓の成果を一瞬で無に帰させる度重なる洪水被害をいかに防ぐか。100年先を見ながら倦まず弛まず続けられ、今も我々の生活を守っている治水の歴史と現代の姿を学ぶ。

     

    【講師略歴】

  • 1975年北海道大学工学部土木学科卒
  • 1975年北海道開発庁入庁後、帯広河川事務所長、国土交通省北海道局水政課長、北海道開発局建設部長、北海道開発局長などを歴任。
  • 2009年から北海道大学大学院工学研究科特任教授、NPO環境技術研究センター理事長、一般財団法人北海道河川財団理事長を歴任。
  • 【著書】

  • 「湿地の科学と暮らし 北のウエットランド大全」(共著)、ウエットランドセミナー100回記念出版編集委員会編、北海道大学出版会、2017
  • 「全世界の河川辞典」(共著)、丸善出版、2013
  • 「流水型ダム 防水と環境の調和に向けて」(共著)、技報堂出版、2017
  •  


    延びてつなぐ人と道

  • 受講料金 2,160円
  • 講師/原口 征人
  • 一般社団法人北海道開発技術センター上席研究員
    博士(工学)
    土木学会北海道支部選奨土木遺産選考委員会幹事長

    海と川に沿って始まった北海道の開拓は「みち」が整備されてはじめて内陸へと及んでいく。ゼロからスタートした北海道の交通路は、どのようにして今日の姿へと変貌を遂げたのか。鉄道や橋、トンネル、道路の知られざる物語と先人の工夫を、道内各地の土木遺産を通して学ぶ。

     

    【講師略歴】

  • 1999年北海道大学大学院工学研究科修了、博士(工学)
  • 2000年北海道大学寄附講座教員(助手)
  • 2003年(社)北海道開発技術センター主任研究員。北海道大学、北海道教育大学等にて非常勤講師を務める。
  • 【著書】

  • 「日本の土木遺産-近代化を支えた技術を見に行く」(共著)、土木学会編、講談社ブルーバックス、2012
  • 「フロンティアに挑む技術-北海道の土木遺産-」(共著)、土木学会北海道支部編、丸善出版、2014
  •  


    港が拓いた北海道

  • 受講料金 2,160円
  • 講師/関口 信一郎
  • 日本データーサービス(株)顧問
    博士(工学)

    北海道開拓期には、全ての物資は海を越えてやってきた。そして今、北海道と道外を行き交う物資の約9割は港を利用して運ばれている。港が支えてきた北海道の開拓と繁栄の関係を、土木技術、社会経済などの多様な視点で見つめ直す。

     

    【講師略歴】

  • 1976年北海道大学大学院工学研究科修了
  • 1976年北海道開発庁入庁後、稚内港湾建設事務所長、港湾技術対策官、苫小牧港湾建設事務所長、函館開発建設部次長、室蘭開発建設部長などを歴任。
  • 2007年日本データーサービス(株)副社長
  • 2009年北海学園大学院非常勤講師
  • 【著書】

  • 「シビルエンジニア廣井勇の人と業績」(著)、HINAS(北海学園北東アジア研究交流センター)、2015
  •  


    静かな大地を開く、土地改良

  • 受講料金 2,160円
  • 講師/梅田 安治
  • 農村空間研究所長
    農学博士
    北海道大学名誉教授

    明治以来、多くの人々の生活・生産の場として開かれた静かな大地〈アイヌモシリ〉。農業・農村空間としてきた技術、土地改良の150年とこれからを考える。

     

    【講師略歴】

  • 1955~北大農学部農業物理学科卒業、北大助手[農学博士取得]、助教授、教授(土地改良学・土質改善学)
  • 1988~北大名誉教授・農村空間研究所長/農業土木学会名誉会員・日本農業工学会フェローなど/北大評議員、北海道開発審議会特別委員、北海道農業農村審議会委員など歴任/農業土木学会学術賞、日本農学会賞、読売農学賞、国際水田水環境工学会国際賞など受賞/(一社)北海道土地改良設計技術協会顧問、北海道土地改良事業団体連合会顧問
  • 【著書】

  • 「北海道農業土木史」(編著)、北海道大学出版会、1984
  • 「石狩川水系農業水利誌」(編著)、農業農村工学会、1995
  • 「農業土木史」(分著)、農業土木学会、1979
  • 「土地改良に魅せられて四十余年そして十年」、北海道大学大学院土地改良学研究室梅田安治先生退官記念会、2006
  •